里親について

峰町西小学校・西部中学校区

村瀬智哉さん(ムラセトシヤさん)
~プロフィール~
年齢: 60歳
出身: 対馬
家族構成:奥様 英子さん 54歳
     3人の息子さんの子育てを終える
留学生: 中学3年生男子1名、中学2年生男子2名
職業: 大橋旅館(韓国人の宿泊者も多数・・・) 
    →対馬の自然や食事を楽しみたい・癒しを求めるお客さん多数!
    →韓国人ゲストとの交流の機会も!
ポリシー:礼儀を大切に
     厳しく包み込むように教育  
     夢を持つ!

どうして、里親として留学生を受け入れようと思ったのですか?
子どもの元気が大人の元気につながるように、地域を元気にするためには、子どもがたくさんいる学校が必要であると考えています。生徒数が減少している地域の学校の現状を受け、もっと活気のある学校になってほしいという夢をかなえるために、留学生を受け入れました。
 また、地域の活性のためには、将来、地域や社会を担う強い子どもを育てる必要があると考えており、そうした未来を担う強く・広い心をもった子どもを育てたいと思ったからです。
どのような教育理念で子どもと接しているのでしょうか?
地域に受け入れてもらうため、また、社会に出ていくにあたり、あいさつは重要であると考えているため、あいさつなどの礼儀は徹底しています。
また、それぞれの個性を伸ばしてあげることが大人の役割であると考えており、子どもの可能性を広げられるよう、努力しています。
留学生の親御さんとはどのように連絡をとりあっているのですか?
適宜、電話をするなどしています。また、中学生に関しては、卒業後の進路に関しても保護者の方と相談をし、教育方針などを適宜、共有しています。
 また、親御さんと本音で語らうことで、心理関係を築き、時に厳しい教育をすることなどはご両親の了承をいただいています。
留学生との関係は?
留学生のことを長男・次男・三男と呼び、本当の息子のように誠心誠意向き合っています。私が忙しくて面倒を見ることができないときでも、地域の人が温かく見守ってくれています。これは、礼儀を徹底し、地域に受け入れられたからこそ、してもらえることだと考えています。

社会に認めてもらうために挨拶などの礼儀を徹底すること、夢を持つこと!こうした熱い思いを語ってくださった村瀬さん。「頼まれた以上は、最後まで」、責任感の強い村瀬さんの姿はとても印象的でした。地域のために!学校のために!社会のために!自分の時間を惜しんで、励む村瀬さんのもとでたくさんのことを学ぶことができそうです。

上県町仁田小学校・仁田中学校区

浜田京子さん(ハマダキョウコさん)
~プロフィール~
年齢: 70歳
出身: 対馬
家族構成:お父さん 74歳
     娘さん夫婦
     お孫さん 中学2年生・中学1年生・3歳
留学生: 中学2年生男子1人
職業: 民宿浜(測量や調査等で民泊をされる方多数)

どうして里親として留学生を受け入れようと思ったのですか?
民泊をやっていて人を泊めることに慣れているだろうし、場所もあるならやってみたら?と知り合いの方に誘われたことがきっかけです。中学生の同居している孫がいるので、年の近い留学生は良い友達になるかな、と思い受け入れを決心しました。
留学生の親御さんとはどのように連絡を取り合っていますか?
娘が留学生の親御さんとメールでやりとりをしていて、日々の暮らしの様子を知らせています。また、留学生の携帯電話について特にこちらでは規則を設けていないので、時折、留学生自身が親御さんと連絡を取って近況報告などをしているようです。
留学生は家ではどのように過ごしていますか?
学校から帰ってきたら孫たちと一緒に宿題を済ませ、皆でおやつを食べたり遊んだりしています。また時間がある時は、娘が皆を連れて魚釣りに出かけます。今預かっている留学生は魚が好きなので、とても喜んでくれているようです。学校が休みの日は留学生や孫の友達が家に集まってきて、みんなで遊んだりゲームをしたりと楽しんでいる様子です。
ご家族と留学生の関係は?
孫たちと留学生は4人兄弟のように遊んでいて、とても仲良しです。また、おやつの時も自分でストックしてあるものから出して食べるなど、遠慮なく、本当の自分の家のように過ごしてもらっています。家族の一員として接しており、もう私たち夫婦と娘夫婦、孫たち3人と留学生、合わせて8人家族という感覚ですね。